header image

暖める健康法のブログ

All posts in 3月 18th, 2017

寒冷療法と温熱療法 – 栃木県柔道整復師会
腰や膝、肩などが痛むときは冷やしたほうがいいですかそれとも温めたほうがいいです
か?とよく聞かれます。これについて・・・. □寒冷療法(かんれいりょうほう)…患部を
冷やす治療です。 冷やすことで炎症を抑えたり、痛みの感覚を鈍らせたり、筋肉 軽減.(続きを読む)

腰痛に鍼治療は効くのか?
推奨1:急性または亜急性の腰痛を有する患者の大部分が治療に関係なく時間の経過とともに改善することを考えると、臨床医および患者は、浅部の温熱療法(中等度の質のエビデンス)、マッサージ、鍼治療、脊椎マニピュレーション(低い質のエビデンス)による非薬物治療を選択すべきである。もし、薬物治療が望ま(続きを読む)

無印良品の冷えとり靴下を買ってみました – 冷えとりゆるゆる生活日記 …
2016年9月28日 … 冷えとり靴下を履いている者として、以前からずっと気になっていた無印良品の冷えとり
靴下。お気に入りの冷えとり靴下はありますが、いろいろな冷えとり靴下の履き心地を
試してみてシェアしたいので。ただお店に行く時期が悪かったのか、 …(続きを読む)

[免疫力UP]体を温めるだけで驚きの効果が[脱低体温] – NAVER まとめ
2014年7月21日 … 最近、体の調子が悪いと嘆いているあなた、低体温ではありませんか?そんな人は体を
温めてみてください.(続きを読む)

簡単に新陳代謝がアップ!肝臓を温めるカイロダイエットの効果
中でも『肝臓』を温めることで血流がよくなり新陳代謝があがることで痩せやすい体質を作るお手伝いをしてくれます。 また、肝臓は体内でも容量の大きな臓器で、全身の40%もの血液が送られています。 肝臓を温め、血流をよくすることで全身の血液の循環もよくなり、美肌効果や (続きを読む)

◆巡り湯 肩こり・疲労回復編 ビタミンイエローの湯 25g×4包 医薬部外品◆薬用入浴剤 疲労回復入浴剤・温浴器 日用品
商品価格:808円
レビュー平均:0.0

キーワード「」 2015年10月02日 理研や先端医療振興財団は2014年9月12日、放置すると著しい視力低下をきたす重い目の病気「加齢黄斑変性」の70代の女性患者に対し、患者のiPS細胞からつくった網膜細胞を移植する世界初の手術を実施した。

加齢黄斑変性は、年をとるに従って、網膜の中心部にある黄斑部が病変を起こすもの。

視野の真ん中が最も見えにくくなり、ものがゆがんだりする。

早い人では40代でも発症し、アメリカでは成人の失明原因の第1位になっているが、根治療法はないとされていた。

時事ドットコムによると、手術から1年経った現在、患者の視力は術前とあまり変わらない0.1程度を維持しており、「明るく見えるようになり、見える範囲も広がったように感じる。

治療を受けて良かった」と話しているという。

他人のiPS移植患者5人を募集 重い目の病気、理研の臨床研究他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜の細胞を作製し、「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性」という目の病気の患者に移植して治療する世界初の臨床研究について、理化学研究所などは6日、患者5人の募集を開始した。

今年以降に神戸市立医療センター中央市民病院と大阪大付属病院で5人前後の患者へ色素上皮細胞を含んだ液体を移植する。

失敗事例もあります。

幹細胞使った治験で女性3人失明、米2017年03月16日 AFP発信地:マイアミ/米国失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の硝子体内注入の安全性と効果を評価する調査」と題した治験を受けていた。

3人は治験を受けた直後から網膜剥離や出血などの合併症に悩み、結果的に視力を完全に失ったという。

マイアミ大学(University of Miami)のトーマス・アルビニ(Thomas Albini)准教授は、合併症が起きた原因として、幹細胞の混合過程で汚染が起きたか、目に注入された後で幹細胞が変異した可能性が考えられると指摘している。

専門家らによれば、脂肪由来幹細胞が黄斑変性症に関わる網膜細胞に成長するかどうかを調べた研究はまだほとんどなく、問題の治験で使用された手法が視力回復を助けるという科学的根拠はないという。

【参考】山中・京大教授ら2人にノーベル生理学・医学賞が贈られました2006年8月25日の米学術雑誌セルに京都大学再生医科学研究所教授である山中さんと高橋和利特任助手(現、助教)によるiPS細胞に関する論文が発表され、それからわずか6年での受賞となりました。

 【基本知識】iPS細胞とは、どのような細胞ですか?人間の皮膚などの体細胞に、極少数の因子を導入し、培養することによって、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力とほぼ無限に増殖する能力をもつ多能性幹細胞に変化します。

この細胞を「人工多能性幹細胞」と呼びます。

英語では、「induced pluripotent stem cell」と表記しますので頭文字をとって「iPS細胞」と呼ばれています。

名付け親は、世界で初めてiPS細胞の作製に成功した京都大学の山中伸弥教授です。

備蓄したiPS細胞を使うため、従来に比べ準備は約10分の1の1カ月、費用も5分の1以下の2千万~数百万円に縮減する見込みだ。

この点がすごい進歩でしょう。

実際に治療に使えるところに向かって着実に進歩してきていることは感動的です。